銀行カードローンと消費者金融の違いとは?

銀行のカードローンと消費者金融のどちらでも申込みをすれば審査があり審査に通過すれば、お金を借り入れる事ができますが、このふたつの大きな違いは、銀行のカードローンは総量規制対象外になっているので、年収の1/3以上の金額も借り入れる事が可能になっていますが、消費者金融の場合には、おまとめローンなどの特例以外は総量規制の対象になるので年収の1/3を超えた借入れはできない決まりになっています。
従って、収入のない専業主婦などの場合には、銀行のカードローンは配偶者に安定した収入があればという理由で申込みが可能な商品が多くなっていますが、消費者金融の場合には原則的に借り入れる事はできません。
大きな違いの理由である総量規制という決まりは、銀行と消費者金融が違う規則で営業をしているからです。銀行は銀行法に沿ってカードローンの規約をつくって審査や貸し出しを行っていますが、消費者金融は賃金業法に沿って営業を行っていて、総量規制のきまりは賃金業法の規則になっているからこのような現象が起こる事になっています。
銀行のカードローンと消費者金融のローンには、似たような流の審査がありますが、年収が基本になる消費者金融に対して、ソニー銀行カードローン口コミは収入よりも返済能力の方に重視した審査を行っている傾向があります。つまりある程度多くの年収のある自営業者よりも、安定した収入の見込める公務員などの方が審査の段階で有利になるといわれています。