銀行カードローンの審査基準は厳しいのか?

銀行カードローンの審査基準は厳しいと言われていますが、アルバイトの人でもあっさりと審査に通ってしまうこともあります。いったい審査基準はどうなっているのでしょうか?

銀行カードローンの審査で見られるポイントは、クレジットカードや消費者金融の審査とほぼ同じです。すなわち、年収、勤務形態、勤続年数などが重視されます。年収は高いほど良いですが、安定性も重要になるようです。芸能人のように、一時的には高年収を得られるが、人気が落ちれば一気に収入が低下するような職業に就いている人は、不利になります。総合的には、公務員のような安定職に就いている人が有利になる傾向があります。

アルバイトの人は、年収、勤務形態、勤続年数の3つのポイントで、不利になる傾向があります。しかし、他社からの借入がゼロであり、過去に延滞をした記録もなく、クレジットカードの支払いなどを毎月期日を守って行っているという実績がある人は、50万円以下の無理のない金額なら借りられる傾向があります。賃貸に住んでいる人よりは、実家に住んでいる人のほうが家賃の負担がないため、有利になります。

銀行カードローンやカードローン おすすめでは、「過去1年以内に延滞をしていない人」といった条件がついていることもあるように、延滞には厳しいようです。こういった条件が公式ホームページに書かれていなくても、多くの人は延滞をせずに期日を守って支払いをしているため、1回でも延滞をしている人は審査落ちの確率を上げてしまうことになります。